コービー・ブライアント

コービー・ブライアントの名言33選を英語付きで!狂った努力家の格言集

マンバメンタリティの発祥者であるコービー・ブライアントのプレーは、多くの人々に感動を与えてきました。

NBAファンだけでなく、現在リーグの第1線で活躍する選手たちの中にもマンバのDNAは生きています。

そしてコービーの競争心や人間性は、プレーだけでなく言動からもビシビシと伝わってくるものが。

頭の回転の速さもレジェンド級であるコービー・ブライアントの名言集を振り返っていきましょう。

コービー・ブライアントの名言33選を紹介!

Determination silences doubters

「決断」は、疑うものたちを黙らせる。

 

I have self-doubt. I have insecurity. I have fear of failure. I have nights when I show up at the arena and I’m like, ‘My back hurts, my feet hurt, my knees hurt. I don’t have it. I just want to chill.’ We all have self-doubt. You don’t deny it, but you also don’t capitulate to it. You embrace it.

自身喪失する事もある。不安になる事もある、失敗への恐怖も持っている。「腰が痛い、足が痛い、膝が痛い。自身がない。ただ、ゆっくりとしたい」と思う試合の夜だってある。僕らはみんな不安を抱えている。それは否定しなくていい。 だが、見過ごす必要もない。その不安を抱きしめるんだ。

 

Sports are such a great teacher. I think of everything they’ve taught me: camaraderie, humility, how to resolve differences.

スポーツは素晴らしい教師だ。僕に全てを教えてくれた。友情、謙虚さ、困難の解決法をね。

 

The most important thing is to try and inspire people so that they can be great in whatever they want to do.

最も大切な事は、人々を奮い立たせ、彼らをなりたい自分にさせてあげる事だ。

 

I can’t relate to lazy people. We don’t speak the same language. I don’t understand you. I don’t want to understand you.

怠けた人々と関わることはできない。僕らは同じ言語を話さない。僕は彼らを理解できない。理解したくもないね。

 

Can I jump over two or three guys like I used to? No. Am I as fast as I used to be? No, but I still have the fundamentals and smarts. That’s what enables me to still be a dominant player. As a kid growing up, I never skipped steps. I always worked on fundamentals because I know athleticism is fleeting.

昔のように2,3人を飛び越えることができるだろうか?できない。
かつてのようなスピードがあるだろうか?ない。
だが、今でも僕には「基本」と「賢さ」がある。これらが、僕が未だに支配的なプレイヤーである理由だ。子供から成長していく中で、僕は決してステップを抜かして進んだことはなかった。運動能力が失われることは分かっていたから、いつだって基本に忠実に取り組んできた。

 

Winning takes precedence over all. There’s no gray area. No almosts.

勝利こそが最優先事項だ。それ以上のものは存在しない。

 

I don’t talk trash often, but when I do, I go for the jugular.

トラッシュトークをそれほどすることはないよ。でも、もしするときは急所を狙いに行く。

 

What people see on court is another side of me; it’s not me.

人々が見るコート上の人物は、もう一人の僕だ。本当の僕ではない。

 

I don’t want to be the next Michael Jordan, I only want to be Kobe Bryant.

ネクストジョーダンにはなりたくない。ただ、コービーブライアントでありたいんだ。

 

I’ll do whatever it takes to win games, whether it’s sitting on a bench waving a towel, handing a cup of water to a teammate, or hitting the game-winning shot.

勝つためだったらなんだってやる。ベンチに座ってタオルを振ることだろうが、チームメイトに水を渡すことだろうが、ウィニングショットを決めることだろうが。

 

I’m chasing perfection.

僕は「完璧」を追い求める。

 

focus on one thing and one thing only – that’s trying to win as many championships as I can.

僕はたった一つのことにフォーカスし続ける。それは、可能な限り多くのチャンピオンシップを手にすることだ。

 

My parents are my backbone. Still are. They’re the only group that will support you if you score zero or you score 40.

両親こそが僕のバックボーンだ。スコアが0点でも40点でも変わらずにサポートしてくれるのは、彼らだけ。

 

In an individual sport, yes, you have to win titles. Baseball’s different. But basketball, hockey? One person can control the tempo of a game, can completely alter the momentum of a series. There’s a lot of great individual talent.

個人スポーツにおいては、タイトルを取ることが全てだ。野球は違う。だが、バスケットボールとホッケーはどうだ?一人の選手がゲームのテンポを支配することも、勢いを変えることだってできる。個々の才能に溢れているんだ。

 

I don’t think a coach becomes the right coach until he wins a championship.

チャンピオンシップを獲得するまでは、コーチを正しいコーチだと思わない。

 

It’s hard for me to grasp the concept of somebody being nervous when I’m talking to them.

僕が会話をするとき、ビビってしまうヤツがいるのを理解することが難しいよ。

※だってあなた、怖いもの…

 

Christmas morning, I’m going to open presents with my kids. I’m going to take pictures of them opening the presents. Then I’m going to come to the Staples Center and get ready to work.

クリスマスの朝、僕は子供達と一緒にプレゼントを開けるだろう。プレゼントを開けた子供達の写真も取る。それからステイプルズセンターに行って仕事に備える。

スポンサーリンク


 

The only thing I’m afraid of is bees. I don’t like bees. I’m allergic to them.

僕が唯一恐れるのはハチだけだ。ハチは好きじゃない。アレルギーがあるんだ。

 

I like playing for the purple and gold. This is where I want to finish up.

僕はゴールド&パープルのためにプレーすることが大好きなんだ。ここが、僕のキャリアを終えたい場所だね。

 

People just don’t understand how obsessed I am with winning.

人々は、僕がどれだけ勝利に執着しているかを知らない。

 

Let them freak out its good for the soul

思う存分パニクれ。精神にいいぞ。

※2015年、開幕から連敗が続き、記者が「パニックになってしまっているレイカーズファンはどうすればいいか?」と聞いたときのコービーの返し。

 

Once you know what failure feels like, determination chases success.

一度失敗の味を知ってしまったら、成功を追い求めるようになるものさ。

 

The moment you give up, is the moment you let someone else win.

君が諦めるときは、他の誰かが勝利するときだ。

 

If you’re afraid to fail, then you’re probably going to fail.

失敗を恐れていると、おそらく失敗する。

 

If you want to be great at something, there’s a choice you have to make. What I mean by that is, there are inherent sacrifices that come along with that.

もし何かにおいて偉大になりたいのであれば、そこには選択肢が現れる。そして、そこには犠牲にしなくてはならないものが存在する。

 

Everything negative – pressure, challenges – is all an opportunity for me to rise.

全ての憂鬱、重圧、挑戦_これら全てが僕を成長に導く好機だ。

 

I’m playing against great players, playing against the best in the world. The competition – that’s what I’ve always wanted.

僕は素晴らしい選手たち、最高の選手たちと戦い続けている。競争_これこそが僕の欲するものだ。

 

If you don’t believe in yourself, no one will do it for you

もし自分が自分自身を信じなかったら、誰が自分を信じてあげられるというのか。

 

Dedication sees dreams come true.

献身が夢を叶える。

 

Passion is the fuel for success

情熱は成功のための燃料だ。

 

Life is too short to sit around and hold grudges. It doesn’t make any sense to do it.

人生は座って誰かを恨んでいるには時間が短すぎる。そんなことをする意味はどこにもない。

スポンサーリンク


コービー・ブライアント永久欠番セレモニーでも伝説的名言が誕生

個人的に、これは間違いなく「伝説」レベルの名スピーチだったと思っていますよ。

永久欠番のセレモニー中、スピーチの締めくくりとして、「夢」について語ったコービー・ブライアント。

原文を抜粋して紹介します。

Those time you get up early and work hard, those time you stay up late and work hard, those time you don’t feel like working, you are too tired, you don’t wanna push through but you do it anyway. That is actually the dream. That’s the dream. That’s not destination, that’s journey.

早起きしてハードワークするとき。遅くまで起きてハードワークするとき。働く気にならずとても疲れていて、何もしたくないけど、とにかくやり遂げたとき。それこそが夢なんだ。夢とは「目的」じゃなく、その「旅路」のことなんだ。

 

いやぁ…これはまた最後の最後にやってくれましたよマンバさん。凄いのをかましていきました。

どんなに自分の身体が壊れようとも、年齢的な衰えが見え隠れしようとも、常に強烈な意志を持ってハードワークに取り組んでいたコービー。

最終的なシーズン結果がどうのこうのではなく、コービーは毎シーズン、そしてどんな瞬間でも夢と共にあり続けた人物なのだろうと思います。

コービー・ブライアントの名言は残り続ける

FIBAワールドカップのグローバルアンバサダーになったりと、引退後も表舞台に立ち、いろいろなフィールドで変わらない姿を見せてくれているコービー・ブライアント。

現役時代の彼の名言からはこれからもエネルギーをもらい続けるだろうし、新たなコービーの活躍も楽しみにしたいところです。

 

試合中に生まれたコービーのカッコよすぎる名言なんかもあったりします。
気になる方はこちらもおすすめ↓

フリースロー1本に5000万を賭けたコービー・ブライアントかなり昔の試合での出来事ですが、我らがコービー様による伝説のトラッシュトークを特集しておきます。 これは、2012-13シーズン中...