アレン・アイバーソン

【最強?】アレン・アイバーソン監修の歴代最高スタメンが興味深い

選手たちが赤裸々な思いを綴る媒体としておなじみの“The Players Tribute”に、アレン・アイバーソンが寄稿しました。

アイバーソンが自分の言葉で自身のことを長く語る機会は、これまでそうなかったと思います。

その中で発表した、アイバーソン考案の歴代最高スタメンのメンツが話題です。

歴代最高スタメン by THE ANSWER

アイバーソンが選んだALL-TIME NBA STARTINGの5人。

主なキャリアスタッツと合わせてどうぞ。

  1. ステフィン・カリー
    23.3得点 4.4リバウンド 6.7アシスト 3P43.8%
  2. マイケル・ジョーダン
    30.1得点 6.2リバウンド 5.3アシスト FG49.7% 2.3スティール
  3. コービー・ブライアント
    25.0得点 5.2リバウンド 4.7アシスト
  4. レブロン・ジェームズ
    27.2得点 7.4リバウンド 7.2アシスト FG50.4%
  5. シャキール・オニール
    23.7得点 10.9リバウンド FG58.2% 2.3ブロック

こちらは“The Players Tribute”にて掲載された時と同じ並びで書き出しています。

これを見る限り、上から順に1〜5番のポジションを振っていけば良さそうですね。

正規ポジションではSGとして被るMJとコービーを、コービーのSFコンバートによって同時選出しました。

以前デュラントが自分の中でのベストチームを公言した時もこの二人は選ばれていましたが、デュラントの場合はMJの方をSFに置いていました。

また補足として、アイバーソンのこのメンバー選考にはEXCLUDING MYSELF(自分を除いて)という茶目っ気のある前提があります。

この中にもしアイバーソンを入れるのだとすれば、カリーと交代することになりますかね。

一見接点がなさそうな二人ですが、09-10シーズンには2度の直接対決を果たしています。

このシーズンがカリーのデビュー年であり、アイバーソンが最後にNBAでプレーした年でもありました。

アイバーソンのグリズリーズ在籍期間は3試合のみでしたが、そのわずかな試合数の中でルーキーカリーと初対面。

そして、76ersに移籍してからもう一度対戦。

当時は上手いようにしてやられていたカリーが、今やアイバーソンから歴代最高のPGとして選出されるまでになるとは、感慨深いです。

現役時代は唯我独尊キャラだったアイバーソンが、今となって自分が特にリスペクトする選手5人を発表しているところに味わいがあります。

アイバーソン以外のレジェンドの間でも、Myベストスタメンの公開が流行してくれれば面白いです。