アレン・アイバーソン

アレン・アイバーソンによる伝説の『ティロン・ルー跨ぎ』が流行?

サムネイル画像:jones.gangsta by CC PHOTO

アイバーソンの伝説のプレーであるとともに、被害者ティロン・ルーにとってはキャリアで一番注目を集めたハイライトかもしれない、アイバーソンのティロン・ルー跨ぎ

英語では、Iverson steps over Lue” と言われています。

最近これを模倣したプレーがいくつか見られたので、特集しておきます。

語り継がれるアイバーソンのティロン・ルー跨ぎ

まず、こちらが元祖“step over”

NBAを好きになってから、何度この映像を見ただろうか。そして、何度見てもカッコイイ…

実力者でありながらも悪ガキ感全開なところが、アイバーソンの人気の理由だったと思います。

このstep overは、そんなアイバーソンを象徴したようなプレー。

NBA好きなら誰もが知るシーンというだけあり、この瞬間の絵がプリントされたTシャツや帽子が作られたり、『誰かが何かを乗り越えるとき』の抽象画としても使われることも多いそうです。

アイバーソンはこの実態を面白いと認めつつもも、「彼のことが好きだから、そういったものは好きじゃないね。人々が彼にジョークをいうのは好きじゃない。友達だから」とコメントしています。

一方、被害者となったルーは。

「大分流行ったよね。僕がどこかへ行くと、”アイバーソンに跨がれたやつだ!”と言われたりするんだ。もしそのプレーを知っているのであれば、僕のことも知っているだろうし、だとすればいいことだよ。彼はおそらく6フィート以下で史上最高の選手だし、特に気にしていないよ」

インタビューではこう語るだろうけど、ルーにとっては、できることなら起こってほしくないプレーだったはずです。

『THE ANSWER』ほどかっこいいニックネームってないよねサムネイル画像:Keith Allison by CC PHOTO NBA選手にはイカしたニックネームがつくもので、中でもアイバーソン...
スポンサーリンク


NFL選手がセレブレーションで模倣

バスケットボール選手以外にとっても、このプレーは有名だと。


NFLのシーホークスに所属するタイラー・ロケットによる、ナイスセレブレーション。

チームメイトとは入念な打ち合わせを行ったことでしょう。笑

これをやれば、誰もがアイバーソンのプレーを連想できることがすごいですね。

マリオ・ヘゾニャによるヤニス跨ぎ

そしてこちらが最新の跨ぎプレー

やや物議を醸している、マリオ・ヘゾニャによって生まれたものです。

そもそもヘゾニャって誰だ、という感じだと思いますが、僕も同じくであります。

ヤニスはチェイスダウンブロックを狙うも失敗し、その後転倒。

ヘゾニャは床にいるヤニスを、“わざわざ”跨いでいきました。

アイバーソンを意識したかはわからないけど、いずれにせよディスリスペクト感が溢れています。

これをクールだとは全く思わないですね。

ヤニスはこの件について、『次会った時はぶっとばす』とコメント。

MVP最有力候補の一人を怒らせちゃったよ。

一方のヘゾニャはこのプレーについて、敬意を欠いたことをしたくはない。だが、もしここが俺のための場所でないと思うのなら、ニューヨークはあなたのための場所ではないし、このチームもあなたのためのものではない」と強気。

ちなみにヘゾニャは、このダンクがこの試合で唯一の得点となっています。

これまで知名度皆無でしたが、今回で大分注目が集まっただろうし、この鼻っ柱の強さを貫いて有名なプレイヤーの仲間入りができるでしょうか。