ディアンドレ・ジョーダン

ディアンドレ・ジョーダンのフリースローに異変が起きている

サムネイル画像:Photo by Disney | ABC Television Group

現NBA選手で、フリースローが下手なイメージのある選手を5人頭に浮かべてみてください。

ハイ、あなたの頭の中はお見通しです。

思い浮かべた5人の中には、ディアンドレ・ジョーダンがいましたね。

フリースローが弱点だったDJ

DJの一つ目のイメージは、「リバウンドがバカ強い」

で、2番目にくるのが「フリースローがさっぱり入らない」ですね。僕の場合は。

エアボールをかますことも多いし、実際エアボールになっても特に驚きがありません。

とんでもない位置にずれることも。

国際大会になっても、必殺技は健在。

実際のところ、現時点でのDJのキャリアFT確率は45.0%という記録的な低さです。今季を含めた11シーズンの中で、30%台を4回も叩き出しています。

しかししかし、直帰の4年間に注目してみると

2014-15:39.7%

2015-16:43.0%

2016-17:48.2%

2017-18:58.0%

と、順調な右肩上がりが続いています。スタート時の確率の低さだけに、右肩上がりの状態を作るのはかなり簡単だけど。

リーグ全体で下から5番目の成功率だったとはいえ、昨季の58.0%というのはDJのキャリアハイの数字でした。

成長の兆しが見える中、今季のDJのFT確率がトンデモないことになっています。

スポンサーリンク


まさかの8割超え

まだ今季のDJの出場は8試合だけ。今好調だからと言ってこれが今季終了まで続くとは限りません。

…とはいえ、あのエアボールマスターだったDJが、80%を超えるFT確率を見せているとなれば、、さすがに騒がずにはいられません。

ここまで34本のFTを放ち、28本の成功。成功率は82.4%となっています。普通に、フリースローが上手い選手の数字じゃないか。

比較としては、今季のレブロン・ジェームズのFT成功率は78.7%です。DJの1試合平均4.3本のFT試投に対し、レブロンは7.6本という多さではありますが。

今季終了時点でどれだけの確率になっているかはわかりませんが、ここまでボロが出ていないとなると、本物っぽい気はするんですよね。

フリースローが下手な選手にあえてファールをする、いわゆる「ハックプレー」も通用しなくなると考えれば、このFT確率改善の効果はかなり大きい。

さて、今後はどうなっていくでしょうかね。