デリック・ローズ

【キャリアハイ】時空を超えたデリック・ローズが50得点を記録

サムネイル画像:adifansnet

現時点での今季最高の試合が生まれました。

デリック・ローズ好きにとっても、そうでない人にとっても、今回のローズSHOWには感動不可避でしょう…

このツイートがすごく好き。

時空を超えたキャリアハイ「50得点」

ウルブズの前回試合、対レイカーズ戦をフル観戦しての正直な感想は、「今のローズはもう相手チームにとって脅威ではない」というものでした。

割と簡単に思えたゴール下でさえ決定力不足が目立ち、FG16本中12本失敗の11得点という内容。

あの低調の後にこんなドラマチックなパフォーマンスを披露してくるとは、予想不可能でしたね。

MVPシーズンを超えたパフォーマンス

こちらが、今回のローズの個人ハイライトです。永久保存版。

これまでのレギュラーシーズンのキャリアハイは、MVPを受賞した2010-11シーズンに記録した42得点でした。プレーオフも含めれば、自己最高は同じく2011年に記録した44得点。

あの当時の記録を今のローズが塗り替えるだなんて、誰が想像できたか…

ツイッターのタイムラインがバラ色に染まりまくっていることに気づき、何とか4Q終盤からはリアルタイムで観戦することができました。

どうにかウルブズの勝利でローズの大活躍に花を添えて欲しいと思っていましたが、チームを勝ちに導いたのはローズ自身のパフォーマンスでしたね。

最高の時間を味わえた…

ローズの涙

第4Qラスト秒の場面で、ターンアラウンドからのタフショットを決め、チームに2点リードをもたらしたローズ。

さらに50得点目のフリースローを決め、タイムアウト明けにコートに戻ってきた時に既に涙ぐんでいました。

f:id:popcornroom:20181101150338p:plain

最後は同点を狙う相手の3Pをブロックし、ゲームエンド。

チームメイトがローズを取りかこみ、激しく祝福。そして、喜びを爆発させるでもなく、静かに涙を流すローズ…。

これはもらい泣き不可避ですわ…

ローズがどれだけの苦しい道のりを辿ってきたか、この涙に全てがあらわれていますよね…

再度映像を見返して、こちらも目に涙をためてキーボードを叩いているなうです。

ロッカールームに戻ってきたローズを、もはやチャンピオン気分で祝福するチームメイトの姿もアツすぎる…

スポンサーリンク


他選手の祝福コメント集

NBA選手たちも、ローズの感動的な大活躍を祝福しています。

一部をご紹介。

ドウェイン・ウェイド

 「世界中のバスケットボールファンでローズを祝福しよう。君自身が決して諦めず、周りの人達が君を信じてくれれば、今夜のような事が起きるんだ。素晴らしい出来事は起こりうる。自分が50得点をしたかのように、笑顔になっているよ!おめでとう!」

CJ・マッカラム

 「D-roseにとって、これ以上なくハッピーな事だね。これまでに経験してきた困難の後、ローズがどんな感情を抱くのかは、彼だけが知る事だ。ふさわしい名誉だ。ハードワークは決して裏切らない」

ケビン・ガーネット

ウルブズのレジェンド、KGもローズを祝福。

ジミーバトラー

この人もやっぱり祝福してました。

インスタグラムより。

View this post on Instagram

if anybody know, i know! i seen this since 2011. #50piececombo #mvp

A post shared by Jimmy Butler (@jimmybutler) on



「みんなもだろうけど、俺だって知ってるさ!俺がこれを見るのは2011年以来だ」

ハッシュタグには「mvp」の文字。当時のチームメイトからのものは、また別格。

シカゴ・ブルズ

これもグッとくる祝福ツイです。

かつてのローズの所属チームである、ブルズからも。

現役選手、レジェンド、そしてチームまでもがリアクション。

こういう祝福も含め、今回の出来事は本当に美しい。

6thマン賞祈願

言うまでもなくローズは最高だし、序盤のゲームでこれほどのドラマチックな試合が生まれるNBAもやはり最高です。

ローズは「今季の目標は6thマン賞」と公言しており、これが実現すればと切に願います。

これほど応援しがいのある選手は、そういない。