ロサンゼルス・レイカーズ

通算得点ランキング上位陣がレイカーズ選手で埋め尽くされている件

サムネイル画像: Michael Tipton

現地10月27日のレイカーズ対スパーズ戦にて、レブロン・ジェームズが35得点を記録。

この試合終了時点でレブロンのキャリア総得点は31202点となり、

ダーク・ノビツキーの31187点を抜いて通算得点ランキングで6位に浮上しました。

6位の座を譲ることになったダークはレブロンについて、

「彼の数字は信じられないものだよね。
スローダウンしているわけでもないし。
彼がこのペースを続けられれば、カリームを抜くこともできるだろう」

とコメント。

通算得点ランキング1位〜8位

ご存知の通り、カリーム・アブドゥル=ジャバーは通算得点歴代1位のレジェンド。

今となってはレブロンとジャバーには「レイカーズでのプレー経験あり」という共通項が生まれました。

そして、通算得点ランキングの上位者は、元ゴールド&パープルの選手で埋め尽くされています。ほとんど独占状態。

そんな通算得点ランキングをベスト8まで見てみましょう。

 ※2018年10月27日時点

ランク選手得点
1カリーム・アブドゥル=ジャバー38,387
2カール・マローン36,928
3コービー・ブライアント33,643
4マイケル・ジョーダン32,292
5ウィルト・チェンバレン31,419
6レブロン・ジェームズ
31,202
7ダーク・ノビツキー
31,187
8シャキール・オニール
28,596

上位8人の中で、

  • カリーム
  • マローン
  • コービー
  • チェンバレン
  • レブロン
  • シャック

の6人がレイカーズでのプレー経験がある選手になっています。

スポンサーリンク


そもそも、レイカーズにはスター選手が集まりやすい風潮があるので、このほぼ独占状態は割と自然とも言えますかね。

デビューから18年間ジャズ一筋でプレーしてきたカール・マローンなんかは、
優勝を求めて結果的にキャリア最終年となった2003-04シーズンの1年間だけレイカーズでプレーしています。

残念ながらレイカーズでも優勝は果たせず、無冠のスーパースターとしてキャリアを終えることになりましたが。

無冠のスーパースターを集めて最強チームを爆誕させてみたサムネイル画像:Keith Allison by photo cc スーパースターだからといって、必ずチャンピオンリングを持っていると...

レイカーズがいかに名門チームであり、どれだけのスーパースターが在籍してきたかを示す、通算得点ランキング上位の顔ぶれです。