ヤニス・アデトクンボ

【MVP候補】ヤニス・アデトクンボの破壊力が限界突破中

サムネイル画像: Keith Allison

レギュラーシーズン開幕前の楽しい一時、プレシーズンがついに終了しました。

ぼくが勝手に「プレシーズンMVP」を決めるとしたら、まず候補にあげたいのがステフィン・カリー、そしてもう一人がヤニス・アデトクンボです。

昨季も十分に怪物だったアデトクンボは、今季はそのモンスター具合に磨きをかけている模様。

プレシーズンでの圧倒的な活躍

本当にヤバい奴(いい意味で)っていうのは、出場時間の少ないプレシーズンでも実力を存分に見せつけてきますね。

ヤニスはプレシーズンに3試合出場し、

平均24.9分出場 24.0得点 11.7リバウンド 5.7アシスト 1.7スティール

というモンスタースタッツを記録しました。

中でも、最終戦での活躍は圧倒的。

この動画一つにアデトクンボの怪物性全てが盛り込まれています。

25分の出場で、32得点 12リバウンド 10アシスト 3スティールというトリプルダブルを達成しました。まだプレシーズンだってのに…

中でも注目したいのは、この日は5本打って2本沈めた3Pの精度ですね。

昨季は平均1.9本という試投数でしたが、コーチ陣からは3Pのトライ数を多くするよう指導を受けていたそうです。あのインサイドでの支配力に、アウトサイドまでが武器となれば、アデトクンボのマッチアップ相手があまりにも不憫。

ディフェンス3人で止めに行ったところで、何の解決にもならないでしょうね。

可動範囲やコート上での支配力を考えると、レブロン・ジェームズに最も近い選手の一人である気がします。

スポンサーリンク


今季のMVP候補筆頭

ESPNの選手ランキングでは、デュラントと並んで4位という高順位に付けているアデトクンボ。

【2018-19シーズン版】ESPN・NBA選手ランキングトップ50

ちなみに、アメリカのスポーツ週刊誌『Sports Illustrated』によるシーズンMVP予想では、レブロンを抑え、なんとアデトクンボが1位となっているのです。

アデトクンボは昨季も26.9得点 10リバウンド 4.8アシスト 1.5スティール 1.4ブロックというイカれ切ったスタッツを残しており、個人成績だけをみればMVPを受賞していてもおかしくありませんでした。

昨季のネックは、所属チームであるバックスが「カンファレンス7位」というシーズン成績だったことです。チーム成績さえ伴えば、アデトクンボは間違いなくMVP候補になってくるはず。

とりあえず今は、早くアデトクンボの圧倒的なパフォーマンスに魅せられたいという気持ちです。