2018-2019シーズン

【2018-19】ESPNのチームランキングが炎上気味【ラスベガスverも】

怒涛の大型トレードラッシュも終了し、各チームの来季の戦力が見えてくる頃合いになりました。

このタイミングで、ESPNが各チームの戦力を分析し、来季のプレーオフマッチの予想を発表したんですが…

現在こちらが波紋を呼んでいます。

レイカーズとスパーズがプレーオフ圏外

こちらが、来季のプレーオフマッチ予想。

注目すべきは、ウエスタンカンファレンスです。

1位:ウォリアーズ

2位:ジャズ

3位:ロケッツ

4位:ナゲッツ

5位:ウルブズ

6位:サンダー

7位:ペリカンズ

8位:ブレイザーズ

パッと見で「おや?」となりますね。

レイカーズとスパーズがいない…

レブロンの加入したレイカーズ。

優勝候補!とまで言い切れるかは微妙にしても、プレーオフ圏外予想をされるとは。

これは納得いきませんなあ。

そして、スパーズが8位以内にいないことにも当然違和感を覚えます。

カワイ・レナードが出て行ってしまったとはいえ、1997-98シーズン以降一度もプレーオフを逃していないチームですからね。

誰がいなくなろうとも、ポポビッチさえいればスパーズは安泰だと思ってしまうけど、確かに昨季はレギュラーシーズン終盤までプレーオフのイスを確保できていない状況でした。

来季でついにプレーオフ連続出場記録途絶えてしまうんでしょうか。

レイカーズに比べると、こちらのスパーズのランク外は少し現実的かもしれない。

とはいえ、スパーズファンは納得できないでしょう。

スポンサーリンク


ラスベガスのオッズメーカーも予想

お次に紹介するランキングは、ラスベガスのオッズメーカー『Westgate SuperBook』による来季の各チームの勝敗予想です。

全30チームをランキングにしてみました。

順位チーム勝利数
1位ウォリアーズ62.5
2位セルティックス57.5
3位ロケッツ54.5
3位76ers54.5
3位ラプターズ54.5
6位サンダー50.5
7位レイカーズ48.5
7位ジャズ48.5
9位ペイサーズ47.5
9位ナゲッツ47.5
11位バックス46.5
12位ペリカンズ45.5
13位ウルブズ44.5
13位ウィザーズ44.5
15位スパーズ43.5
16位ヒート41.5
16位ブレイザーズ41.5
18位ピストンズ37.5
19位ボブキャッツ35.5
19位クリッパーズ35.5
21位マーベリックス34.5
21位グリズリーズ34.5
23位ネッツ32.5
24位マジック31.5
25位キャブズ30.5
26位ニックス29.5
27位サンズ28.5
28位ブルズ27.5
29位キングス25.5
30位ホークス23.5

で、ある意味ここからが本題なわけですが..

ラスベガスのランキングでは、ウエスタンカンファレンスがどうなっているのか。

このランキング上でのウエスタン上位8チームはこちらになります。

レイカーズ4位!

リアルな数字です。

ちなみにこれは昨季のキャバリアーズの順位と同じになっています。

レブロンさえいれば、この順位からでもファイナル進出の期待が持てますね。

大昔には、コービーのいるレイカーズに同じようなことを思っていました。

どんな順位でプレーオフを迎えても、「コービーさえいれば何かが起きるはず..!」と信じさせてくれる感じ。

来季はこれをレブロンに対して感じることになりそうです。

僕としてはレイカーズがプレーオフ圏内の順位に収まったことで大満足なのですが、相変わらずこのランキングでもスパーズは8位を下回ります。

ベガスのランキングでは、「9位」という結果。

スパーズファンは2打席連続でダメージを食らうことになってしまいました。

今回紹介したランキングがどれだけ正確なものであったか、来季のゲームをもって確かめることにしましょう。