レブロン・ジェームズ

レブロンが人間を超えて異星人も超えて、もはや現象と化している件

アイキャッチ画像: Keith Allison by CC PHOTO

もう我慢できないので、セミファイナルの途中ではありますが、ここまでのレブロンの超絶パフォーマンスをまとめておきます。

レギュラーシーズンから振り返ってしまうと、レブロンがあまりにも凄いことをしまくっていただけに、文字数がいくらあっても足りません。よって、プレーオフに絞っていきましょう。

レブロンの凄さを示すとき、どの切り口から紹介していけばいいのかは非常に迷うところです。凄いところがありすぎるのも困りもの。

今回は、レブロンが今プレーオフで達成した「史上初の記録」をベースにして、ここまでの異次元パフォーマンスを振り返っていきます。

伝説的1stラウンド

特にドラマもなく終わるだろうと思っていたキャブズ対ペイサーズのファーストラウンド。レギュラーシーズン成績は五分と言えど、プレーオフになれば話は別なので。キャブズが無難に快勝すると思っていました。

結果的にゲーム7までもつれる大熱戦になったわけですが、キャブズ側の話題はレブロンのパフォーマンスで持ち切りです。

まず、レブロンの全7戦でのスタッツを。

ゲーム144分出場 24得点 10リバウンド 12アシスト 1スティール 1ブロック
ゲーム240分出場 46得点 12リバウンド 5アシスト 2スティール
ゲーム342分出場 28得点 12リバウンド 8アシスト 1スティール 1ブロック
ゲーム446分出場 32得点 13リバウンド 7アシスト 2ブロック
ゲーム542分出場 44得点 10リバウンド 8アシスト 1スティール 1ブロック
ゲーム631分出場 22得点 5リバウンド 7アシスト 1スティール 2ブロック
ゲーム743分出場 45得点 10リバウンド 12アシスト 1スティール 1ブロック

このシリーズでの平均は、34.4得点 10.1リバウンド 7.7アシスト。

驚くべきは、この7戦の間、キャブズのレブロン以外のメンバーが一人も20得点越えを記録していないということです。この状況でシリーズを勝ち上がったのは、レブロンにとってはキャリア初のこと。

これほど分かり易く、「一人ですべてをこなした」と描写できることはないですね。

NBA公式が4分でまとめた、レブロンの1stラウンドでのベストプレー集がこちら。

シーズンでのベストプレー集だとしても、まったく遜色がないんですけど…。これがたった7戦分のものだとは。

そして、このときの第7戦で、2つの史上初の記録が生まれています。

まず、この第7戦で45得点を記録したことにより、レブロンがプレーオフで20得点以上を記録した試合が200回に達しました。これが、史上初の快挙。

そして、シリーズ最終戦で複数回の45得点以上を記録したのも、レブロンが史上初です。2008年のセルティックスとのカンファレンスファイナルのゲーム7でも、若かりしレブロンは45点を記録していました。

このペイサーズとのシリーズは、数あるレブロン伝説の中でも上位に位置するものでしょう。初っ端から、こんな凄いものが観れるとは思っていなかったですね。

スポンサーリンク



3つ目の史上初

現在進行中のキャブズ対ラプターズのセミファイナル。下位シードのキャブズが2連勝スタートという展開になっています。

この2戦分のレブロンのスタッツが相変わらず凄い。

ゲーム147分出場 26得点 11リバウンド 13アシスト 1スティール 2ブロック
ゲーム240分出場 43得点 8リバウンド 14アシスト 1スティール

ゲーム2で、今プレーオフで4回目の40点越えを達成しました。そして、この試合での「43得点14アシスト」が史上初の快挙になっています。

もはやゲーム1の26-11-13のトリプルダブルに驚けない自分が怖い。

レブロンはどこまで行ってしまうのか

ぼくが把握しているレブロンの史上初記録は以上の3つでした。細かいものを挙げていったら、もっとあるのかな。

要チェックなレブロンの新記録が他にあったら、こっそりコメントで教えてください。笑

キャブズがまたNBAファイナルに進むとしたら、レブロンの今季のプレーオフはまだ序章にすぎません。

超常現象レベルのパフォーマンスをまだまだ目撃することになりそうです。