サンアントニオ・スパーズ

サンアントニオ・スパーズがいかに万年エリートチームであるか

アイキャッチ画像:Photo by Michael Tipton

NBAの歴史全てを見据えたうえで、歴代最強チームを決めるとしたら、ロサンゼルス・レイカーズかボストン・セルティックスになるんでしょうね。

これは、単純に過去の優勝回数で決めたものです。

優勝回数歴代1位はセルティックスの17回、歴代2位がレイカーズの16回。

しかし当たり前ですが、過去強かったチームが今も強いというわけではなく、観ての通り現在のレイカーズはあの有様です。

このチームは強い!という印象を持つには、やっぱり近年の活躍度が重要。

そういう意味で、サンアントニオ・スパーズは圧倒的に凄い。

ティム・ダンカンの入団が転機に

スパーズの凄さを一発で表すデータは、

“20年間連続プレーオフ進出中”

というものだと思います。

この記録の始まりである1997‐98シーズンは、ティム・ダンカンが入団した年でした。

デイビット・ロビンソンとツインタワーを結成し、ここからしばらくの間ダンカンはNBA界の中心人物であり続けます。

今では強豪となったチームも、20年間というスパンでみれば必ずどこかで複数回プレーオフ進出を逃しているんですよね。

20年間ともなれば、そのチームでプレーするメンツは度々移り変わっていくわけなんだから、強豪であり続けることがいかに難しいか。

スポンサーリンク



“エースの切り替わり”が毎度絶妙

この20年間の間、HCはずーっとポポビッチです。

歴代最高と呼ばれるポポビッチの凄さは誰もが認めるところ。

ポポの存在は、スパーズを強豪チームであり続ける上で絶対に欠かせない。

そしてもう一つ思うのが、絶対的看板プレイヤーがどの世代でも用意されていることです。

クアドルプルダブルを記録したことでも有名なデイビット・ロビンソンの晩年にティム・ダンカンが入団し、その後はジノビリとパーカーが合流し、パーカーはファイナルMVPも獲得。

ご存知の通り、現在バトンはレナードの手にしっかりと移っています。

ここ20年間で最低のシーズン…?

過去5年間で最高のシーズンを送っているレイカーズは、現在29勝36敗でウエスタン11位。

一方で、18年連続で続いていたシーズン50勝以上という記録が途絶えそうで騒がれているスパーズ。

これにより、今季のスパーズは過去20年間で最弱と言われているのです。

プレーオフには問題なく出られそうにもかかわらず、これが過去20年間で最低レベルだというのかね。

基準の高さに笑うしかないw