リチャード・ジェファーソンが引退|BIG3を結成したネッツ時代

スポンサーリンク

 

シーズン開幕を前にして、リチャード・ジェファーソンが引退を発表しました。

昨季在籍したナゲッツが8つ目のNBAチームとなっていましたが、多くの人にとってはキャリア初期のネッツ時代のジェファーソンが特に印象的なのではないでしょうか。

2001年にデビューしてから7年間在籍したネッツの中で、特にキッド・カーター・ジェファーソンのBIG3が揃っていた時期は鮮明に記憶に残っています。

今回はジェファーソンの引退にひっかけて、懐かしのBIG3を回顧。

スポンサーリンク

 

ニュージャージーネッツのBIG3と言えば 

あの頃のチーム名はブルックリン・ネッツではなく「ニュージャージー」・ネッツでしたね。

ブルックリン・ネッツのBIG3はこれからも更新されていくだろうし、この3人!と決め切ることはできないけど、ニュージャージー時代のネッツのBIG3は、キッド・カーター・ジェファーソンの3人だと決着しています。石碑に刻んでおいてほしいレベルです。

今の知識がある状態では、「BIG3」という単語からは色々な3人組を連想しますが、2004-05シーズンからNBAを見始めた身としては、このネッツのトリオが自分にとって初の「BIG3」でした。

スターが一つのチームに揃うことが今よりも圧倒的に少なかった時代なので、このトリオにはかなりのインパクトがありましたね。

BIG3が揃ったのは3シーズン半

2001年にネッツでNBAデビューを果たしたジェファーソンと、同年にサンズからネッツへ移籍してきたジェイソン・キッド。ここに、2004-05シーズン途中からヴィンス・カーターが加わったと。

前年にアシスト王となっていたキッド、

このシーズンで当時のキャリアハイ22.2得点をあげたジェファーソン、

移籍後からは平均27.5得点を叩き出したカーター。

やっぱりこの3人が揃っていたのはすごいことでしたね。

スポンサーリンク

 

ちなみにこのBIG3結成シーズンでは、ジェファーソンの故障離脱により、レギュラーシーズンとプレーオフを合わせて3人が揃ったのは12試合だけでした。

その後05-06、06-07と続き、07-08のシーズン途中にキッドがマブスへ移籍したことでBIG3は解体。このオフにはジェファーソンもバックスへ移籍しており、ネッツに残ったのはカーターだけとなりました。

このBIG3が揃っていたのは約3シーズン半でしたが、最近のスターが移籍しまくるNBAを見ていると、これは割と長い期間なのかなと思えますね。

キッド、カーター、ジェファーソンが揃っていた当時のネッツの試合はエキサイティングでした。

 プレーオフ期間時点でキッドが移籍してしまっていた最後の07-08シーズンを除き、04-05〜06-07まではこのBIG3でプレーオフへの進出を果たしています。

それぞれ、1回戦敗退、カンファレンス準決勝敗退、カンファレンス準決勝敗退という結果。

メンツの割に、当時のネッツはものすごく強かったわけではありませんでした。

それでも、この3人のタレント力によって、当時のネッツは2000年代中盤で強く印象に残ったチームになっています。

 

リチャード・ジェファーソンといえば、やっぱり思い出すのはネッツのユニフォームを着ていた頃。