【NBA2K19】今季で引退のドウェイン・ウェイドのレートは「79」

スポンサーリンク

アイキャッチ画像:Photo by U.S. Embassy London

 

2018-19シーズンが自身のラストシーズンになることを明言したドウェイン・ウェイド。

あと1年しかウェイドのプレーを見ることができないと思うと悲しいですが、開幕前での引退も場合によってはあり得たわけなので。現役続行の意志を固めてくれてよかったです。

ウェイドの進退は、最近のNBAの中でもっとも注目されていたニュースの一つでした。

3度の優勝・ファイナルMVP・12回のオールスター出場・得点王などウェイドの経歴を振り返れば、このレジェンドの一挙手一投足が注目される理由は一目瞭然。

 

加えて、出場試合数・得点・アシスト・スティールでフランチャイズ1位の記録を持つウェイドが、ラストダンスの場をマイアミ・ヒートに選んだことにも大きな意味があります。

レイカーズ史上No.1選手を決めることは難しくとも、ヒートのGOATを選ぶことは簡単です。ドウェイン・ウェイドの一択。

スポンサーリンク

 

最後のレーティング

ウェイドの2K19でのレーティングは「79」

まあ、'Agree'ですかね。

昨季のウェイドのスタッツは、11.4得点 3.8リバウンド 3.4アシスト。これを考えれば、妥当なものかと。

あのウェイドに70台のレーティングが下されることには確かになんとなく拒否感があり、少々憤慨気味のファンもいるようですが、スターの晩年にはこういう評価への論争が不可避ですね。

コービーのラストイヤーとなった15-16シーズン前に、ESPNが選手ランキングでコービーに93位の順位を与えた時には、僕も「ハァ?」と思ったもんです。でも、客観的に見てみればそれも正当な評価でした。

 

ちなみに、こちらがウェイドの2K歴代レーティング。

シリーズ レーティング
2K4 74
2K5 86
2K6 97
2K7 98
2K8 97
2K9 97
2K10 96
2K11 97
2K12 96
2K13 93
2K14 91
2K15 86
2K16 86
2K17 82
2K18 82

今回の「79」は、ルーキーイヤーに次いで低いレーティングということになります。

最高は2K6での「98」。かつてはレーティング90オーバーの常連でした。

スポンサーリンク

 

「78」以上のパフォーマンスを

出場時間の減少も含めて、昨季がロールプレイヤーへの切り替わりのシーズンだったと言えます。

失うものが何もないラストシーズン、できれば先発で長い時間プレーするウェイドが観たいけど、ロスターを考えても、来季もセカンドユニットとしての役割が多くなりそうです。

ウェイド自身からスタメンを志願することはないでしょうね。昨季序盤のキャブズでは、自らベンチスタートを志願したくらいだし。

全盛期の輝きをもう一度...!みたいな非現実的な願望は持ちませんが、昨季以上に「らしい」プレーを見せて欲しいとは思っちゃいますね。持ち味のスラッシャーっぷりを最後にたくさん堪能したいのです。

18-19シーズンが終了し、ウェイドの最後の1年を振り返る時には「ウェイドは最後までFLASHだった...」的なコメントで締めくくりたい。

ディフェンスを切り裂いてゴールに襲いかかる、「これぞドウェイン・ウェイド」なハイライトがたくさん生まれることを願います。