【NBA一直線】ザイオンウィリアムソンがデューク大で衝撃デビュー

スポンサーリンク

アイキャッチ画像 via @DukeBlueHoops

 

常人離れした身体能力で、高校時代から名を馳せていたザイオン・ウィリアムソン。

2019年のNBAドラフトでは上位指名が確実視されているザイオンが、その実力を世に知らしめました。 

スポンサーリンク

 

デューク大学でのプレシーズン初戦

以下、スパータンバーグ・デイ高校4年生時のザイオンのスタッツです。 

36.4得点 11.4リバウンド 3.5アシスト 3.4スティール 2.3ブロック

破壊神的な数字。これで騒がれないはずがない。

 

高校卒業後は、言わずと知れたバスケの名門・デューク大に進学。

現地8月15日、ついにザイオンの大学デビュー戦が行われました。

ライアンソン大とのプレシーズン初戦、ザイオンの個人ハイライトをご覧ください。

 

 この試合でのスタッツ。

29得点(FG13/23 3P3/4) 13リバウンド4アシスト 2ブロック 2スティール 0ターンオーバー

期待をはるかに上回るパフォーマンスをかましてきました。

これは化け物という他ないですね...。

フロントコートからバックコートまで運んでいくハンドリングもありながら、ガード不可なダンクでフィニッシュできてしまう。

スポンサーリンク

 

おまけに、この試合では3Pも4本中3本成功という高確率でした。

高校4年間での3P成功率は25%となっているので、今回は特別調子が良かったのかもしれないですが、アウトサイドも武器になるのであれば、ザイオンのオフェンスを封じるのはもはや不可能に近いですね。

ボールの保持時間はかなり長かったはずですが、その中でターンオーバー0回というのもすごい。

 

ゴールテンディングにはなりましたが、個人的なこの試合での一番のハイライトはこれかな。

身体能力だけに関しては全盛期のレブロン並か、もしくはそれ以上かも。

今は動きの荒削りさも目立ちますが、徐々に洗練されていく過程も楽しんでみたいです。

 

 

...

 初戦でこれだけ魅せてこられると、今後の試合にも期待しまくり。

ゴンザカ大には八村塁もいるわけだし、今年は大学バスケにも注目していくことにします。

現在、2019年のモックドラフトでは、ザイオン・ウィリアムソンが4位、八村が12位となっています。

2019 Mock Draft | NBADraft.net