【ハーデン・ポールも大歓迎】カーメロのロケッツ加入が正式に決定

スポンサーリンク

アイキャッチ画像 via @HoustonRockets

 

すでに世間には広まっていましたが、この度カーメロ・アンソニーが正式にロケッツと契約となりました。

スポンサーリンク

 

ジェームス・ハーデン、クリス・ポールも歓迎

現在のロケッツの2大看板・ハーデンとCP3もカーメロの加入を祝福しています。

 

豪華BIG3が正式に誕生。

この3人だけで、

◇得点王 2回

◇アシスト王 5回

◇オールスター出場 25回

◇オールNBAチーム選出 21回

という凄まじい経歴です。

そして、この能力の並外れた3人を合わせても「優勝回数は0回」であるのが逆にいいですね。

個人成績では文句のつけようのない3人が団結し、まだ経験のない頂点を狙いに行くというストーリーがアツいです。

スポンサーリンク

 

オフェンスの破壊力はさらに向上

昨季のカーメロのスコアリングが低調(平均16.2点 FG40.4%)だったからといって、これまでの得点マシンっぷりを忘れてはいけない。

以下、カーメロの各シーズンでの平均得点です。

 

2003-04 21.0得点
2004-05 20.8得点
2005-06 26.5得点
2006-07 28.9得点
2007-08 25.7得点
2008-09 22.8得点
2009-10 28.2得点
2010-11 25.6得点
2011-12 22.6得点
2012-13 28.7得点
2013-14 27.4得点
2014-15 24.2得点
2015-16 21.8得点
2016-17 22.4得点
2017-18 16.2得点

 

昨季、ロケッツはウォリアーズについでリーグ2位の得点力を誇りました。チーム平均で、112.4点です。

すでにオフェンスのシステムが確立しているチームなので、ファーストオプションとならないカーメロは、無理に平均20得点代へのカムバックを目的とする必要はないはずです。

要所で高確率のジャンパーを決められるだけで、貢献度は相当大きい。

報道によると、カーメロはセカンドユニットとしての役割を与えられることになるそうです。

 

カズンズの加入によってさらに浮世離れしたオフェンス力となったウォリアーズに、新BIG3結成のロケッツはどれだけ対抗できるでしょうか。

カーメロ加入後初となるロケッツvsウォリアーズの一戦は、日本時間11月16日に行われます。