【もはやNBAに規制はない】デマーカス・カズンズがウォリアーズへ

スポンサーリンク

アイキャッチ画像:Photo by Keith Allison

 

衝撃の移籍が実現しましたね...。

ペリカンズからFAとなっていたデマーカス・カズンズが単年契約でウォリアーズに移籍しました。

この驚愕ニュース、そりゃあサボっていた記事更新も再開するってもんです。

昨日にはレブロンのレイカーズ加入ニュースで大きく沸いたNBA界でしたが、今回もまたとんでもない爆弾投下。

2日連続でNBA関連ワードがトレンド入りすることってあんまりないですよね。

 

f:id:popcornroom:20180905105337p:plain

 

カズンズの新天地が例えばセルティックスとかだったなら、ここまでのニュースにはなっていないんでしょうけどねえ...。

僕のこのニュースの初見は英語ツイートでしたが、"to Warriors"の文字にはさすがに目を疑ってしまいました。自分の目を疑ったあとには、ツイート主のミスタイプを疑った。笑

そんなこと、あるもんかと。

 

6月下旬頃からのNBA界は、シーズン最中ばりに盛り上がっています。

そういや今、オフシーズンだわ。

スポンサーリンク

 

サラリーの安さで炎上

単年530万ドルという契約内容。

これにも目を疑ってしまいます。ゼロが一個足りてない?いやそうしたら逆に高すぎか。なんなの「530」って。

しかしこの報道は真実で、スター揃いでどう考えてもサラリーに空きがないウォリアーズに加入するため、カズンズはこの低賃金を飲んだのです。

例えば、レイカーズとの再契約を発表したKCPことケンダビオス・コールドウェル=ポープは単年1200万ドルとなっています。

おそらく、レイカーズファンじゃない方のほとんどはKCPの存在すら認知していないのでは。そんな彼でも、カズンズの倍の給料で契約をしているのです。

いかにカズンズのサラリーが驚愕の低さであるかわかります。

 

「優勝のために移籍した」と言わてしまうのは当然のこと。

こんな契約が許されてしまえば、NBAが崩壊してしまう!と言う意見ももっともです。

トレンド入りした「カズンズ」の文字をクリックすると、画面が怒号ツイートで溢れかえります。笑

なぜ規制されない?

なぜこの移籍が許されるのか?と問われても、「わからない」としか言いようがありません。

これがアリなら、もはや却下される異動など何もない...。今回のカズンズのウォリアーズ入りは、基準のラインを引き上げるどころか、ラインそのものをなくすような出来事です。

昔は、いくつかの大型トレードがリーグによって却下された、というニュースをちらほら聞いたもんですけどね。 

昨今のNBAを見ていると、「選手が移籍したくなったら、好きな時に好きなチームに行けばいい」くらいの概念が植え付けられそうです。

2011年:レイカーズ入りを却下されたクリス・ポール

今回の件が許可されるなら、あの時のあの規制はなんだったのさ!と言いたくなるものが幾つかあります。

その中での代表が、2011年の12月に起きたコービーとクリス・ポールの悲劇です。

 

2010-11シーズンに57勝25敗と言う成績で、カンファレンスセミファイナル敗退となったレイカーズは、頂点に再び返り咲くため、3チームを交えた大型トレードを企画しました。

そこでのレイカーズのアセットは、ホーネッツ(現:ペリカンズ)からクリス・ポールを獲得できること。

実現していれば、CP3とBLACK MAMBAのコンビ結成で、SHOW TIMEレイカーズの復活...というところでしたが、これをリーグが却下。

トレードは破談となりました。

レイカーズファンとして、これは未だに悔やまれる出来事ですねえ。このトレードが実現していれば、コービーの指におさまるチャンピオンリングの数は、もう一つくらい多いのではないだろうか。

コービーはこの件についてキャリア末期まで恨み節でした。

 

このトレードで、レイカーズに失うものが何もなかったわけではありません。レイカーズは当時コービーに注ぐ攻撃オプションだったパウ・ガソルの放出を決めていたんです。

つまり、クリス・ポール1人が加入したからといって、そこまで戦力がオーバーヒートしてしまうわけでもなかったんですよね。

チームとしても、前年に納得のいく成績を残せたわけでもないし。

 

この前例がありながらも、

2連覇した後にリーグトップ3に入るセンターが加入

というケースが今回は受理されたと。

NBAは大きく変わりました。

スポンサーリンク

 

選手たちのリアクション

これがいかにとんでもない移籍劇であるかを、NBA選手たちのリアクションからも悟ることができます。

CJ・マッカラム

「おい、カズンズ何があった?電話をくれ。この件について話をしよう」

 

ジョエル・エンビード

「まだ、決断を変える時間はあるよ(笑)」

 

ジョー・クラウダー

「みんなして何やってんの??」

 

ラリー・ナンスjr

 

ジョーダン・クラークソン

「NBAが大好きだ」

※皮肉

 

ルー・ウィリアムス

「プレーオフのフォーマットを変えよう」

...

もはやシーズンもプレーオフも戦う必要がないくらいの戦力を手にしたウォリアーズがいるんだから、プレーオフのシステムも変えようよ、というルーの提案。

実現することはありえないけど、本当にそれくらいの措置は取るべきですね。

NBAファイナルくらいまでは出来レースでしかないですもん。

ウォリアーズ以外のチームがこれまで通りのシステムでシーズンを過ごし、29チームの中でのトップが決まった時点で、ウルトラアルティメットスーパーシードのウォリアーズが出現、みたいな。

 

エネス・カンター

「アダム・シルバーがMid Level Extensionでウォリアーズと契約合意。リーグのソースが俺に言った。」

 

...

こういう選手ツイートのまとめではオチに使われることが多いカンターですが、とうとうNBAコミッショナーをネタにしてきました。笑

"Mid Level Extension"というのは多分"Mid Level Exception"をもじっています。これはサラリーキャップを超えているチームが、上限オーバーとして一回だけ使える契約オプション名であり、今回ウォリアーズはこれを行使してカズンズを獲得したんですよね。

そのことをネタにしたツイートでした。

こんな理不尽な補強に許可を出したという点でも、シルバーはウォリアーズに加担してると言えるかも。

オールスター回収車と化したウォリアーズ

 こちらが来季のスタメン。

意味不明で理解不能です。

アキレス腱を断裂しているカズンズの復帰は2019年初め頃になると言われていますが、死のラインナップが揃うカウントダウンはもう始まっています。

5人全員がアクティブなオールスタープレイヤーというのは、調べるまでもなく史上初なのでは。

 

もしかしてこれは夢?

レブロンのレイカーズ行きも全部幻想?

 

ついでにKDのウォリアーズ移籍も、?

は〜あ、目が覚めたら14-15シーズン後のウォリアーズ優勝パレードくらいの時期に戻ってないかなあ..

 

 

他チームファンのみならず、僕を含めたウォリアーズファンまでもが不快感を感じているこの移籍ですが、来季からの相棒はこの喜びようです。

 

ステフ...。君のファイナルMVPは、また遠のいたね...。