ステフィン・カリーが第3Qで大爆発の法則【負けたけどね】

スポンサーリンク

 

ウエスタンカンファレンス第4戦は、95‐92でロケッツの勝利。

ウォリアーズが敗れはしましたが、カリーの3Pは第3戦に続き好調でした。ここはポジティブに、カリーの好パフォーマンスを取り上げてテンションを上げていきましょう。

 

前半では相変わらず波に乗り切れていなかったカリーですが、第3Qからはお約束のように3Pを爆発させています。

前半のおとなしさが、後半からスパークする伏線だと信じたのは正しかった。

スポンサーリンク

 

カリー1人でロケッツと並ぶ第3Q

前半では8得点(3Pは1本のみ)となっていたカリーでしたが、第3Qではまたも圧倒的。

前回の第3戦でも第3Qだけで18得点を挙げましたが、今回も17得点を挙げてみせました。

このクオーターでのパフォーマンスは、カリー1人でロケッツ全体に肩を並べます。

シュート成功率も考えれば、間違いなくロケッツ以上の活躍でした。

今回はダメ押しがなかった

逆に言えば、今回は「第3Qだけ」でした。

前回は第4Qでも要所で点を重ねていきましたが、接戦となった今回に限って最終クオーターでは3得点のみ。ハーデン相手に決めたバスケットカウントが全てでした。

終盤にはイージーレイアップをミスする場面もあり、カリーが最後まで勝負強さを見せていれば…と思わされる試合でもありました。

 最後の3Pはしょうがないにしても、まだこのシリーズでは勝負のかかったラスト数分で躍動するカリーを見れていません。

エースが輝くべきこの時間帯でカリーがどれだけ実力を発揮できるかが、ゲーム5以降のウォリアーズのカギになりそう。

スポンサーリンク

 

カリーvsCP3

カリーの復活はウォリアーズファンとして楽しい限りですが、ここにきてロケッツの方もクリス・ポールが本来の姿を取り戻しています。

あれだけ不敵な表情を浮かべながらも、やはり自身初のカンファレンスファイナルにプレッシャーを感じているのか?と思わせる第3戦までの低調ぶりでしたが、第4戦のMVPは間違いなくポール。

オラクルアリーナで16連勝という無敵さを誇っていたウォリアーズは、クリス・ポールによって沈められました。

 突発的に流れを持ち去るカリーに対して、ポールはジワジワと上手い。これが、本来のPGのあるべき姿かな。

とにかくスイッチしまくる両チームなので、カリーvsCP3のガチガチのマッチアップを見れる場面はそう多くありませんが、それでもやっぱりこの2人の対決は面白いです。

 

両PGが復調したところでのシリーズ2勝2敗という、最高の展開を迎えています。

カリーはアウェイでも魅せれるか?

今プレーオフでは、ホームとアウェイでそれぞれ4戦ずつプレーしてきたカリーですが、本拠地を離れた時には平均得点がガクッとさがっています。

ホーム4戦平均:29.8得点

アウェイ4戦平均:19.0得点

敵地では、20点越えが一度しかありません。

オラクルのあの声援があればある程度のパフォーマンスが上がることは納得できますが、このホームでの数字が、本来のカリーの標準であるはず。

そして、ホームコートアドバンテージを持てていないこのロケッツとのシリーズでは、敵地での活躍が必須です。

 

このホーム2戦での好調が、単にオラクルアリーナの観客の後押しによるものだけではないと証明するためにも、第6戦のトヨタセンターでもマジカルスリーを炸裂させてくれ!