"勝って当たり前"のウォリアーズじゃなくなる日【vsロケッツ】

スポンサーリンク

アイキャッチ画像:Photo by Keith Allison

 

2014‐15シーズン以降、ウォリアーズの王朝が続いています。

16年のNBAファイナルではキャブズ相手に不覚を取りましたが、あれはスーパーイレギュラーな事態だったと強がっておくとして。

あの年のキャブズの逆転優勝が感動的だったのも、ウォリアーズが"勝って当たり前の最強チーム"という前提があったからです。

カリーが初優勝を経験してからの2年間、ウォリアーズが挑戦を「受ける側」の立場だったことは間違いありません。

でも、今年のプレーオフでは違う。

カンファレンス内で躓いてしまう可能性も十分に考えられます。

スポンサーリンク

 

立ちはだかるヒューストン・ロケッツ

王者と言えどもレギュラーシーズンは長いので、シーズン対戦成績で何チームかに負け越してしまうことはチラホラとあります。

それでも、ウォリアーズは昨年まで3年連続でカンファレンス1位の成績でレギュラーシーズンをフィニッシュしていました。この順位さえあれば、王者のメンツは保てる。

しかし、今季のカンファレンス1位はヒューストン・ロケッツ。65勝17敗のシーズン成績を記録しています。

58勝24敗だったウォリアーズは、久しぶりに首位の座を譲ることに。

オマケに、ウォリアーズはレギュラーシーズン中の対決でロケッツに1勝2敗で負け越しています。

 

ウォリアーズ過去4年間のプレーオフにおいて、

・シーズン順位で相手の方が上位

・シーズン直接対決で負け越し

という2拍子が揃ったチームと対決するのは初めて。

プレーオフでのチームスタッツを比較

レギュラーシーズンでは、確実にロケッツの方が優れたチームでした。

では、直近のプレーオフでのパフォーマンスはどうでしょうか。

両チームの主要スタッツを比較してみました。

得点

チーム 得点 被得点 得失点差
ウォリアーズ 110.3 101.6 8.7
ロケッツ 109.5 100.1 9.4

得点面は互角です。

得点でリーグ1位のウォリアーズと同3位のロケッツの対決になります。ウォリアーズは、ファーストラウンドでカリーを欠きながらもこの数字を残しているのがすごい。

リーグ最高峰のオフェンシブ対決が観られることになるでしょう。

一方の被得点でも、ロケッツはリーグ2位、ウォリアーズが同4位という好成績です。

オフェンスもできてディフェンスもできるからこその、両チームの強さ。

スポンサーリンク

 

シュート成功率

チーム

FG%

3P%

FT%

ウォリアーズ

46.9

32.9

81.6

ロケッツ

44.6

35.3

79.5

注目すべきは3P%ですね。

今やリーグ最強の3Pチームはロケッツです。セミファイナル終了時点で、ロケッツはリーグ1位となる141本の3Pを沈めています。

カリー不在の影響もあってか、ウォリアーズは現在リーグワースト2位の3P確率に落ち込んでいます。

カンファレンスでは、両チームのスリーポイントの出来が一つのカギになるんじゃないでしょうか。

その他

チーム

AST

RPG

STG

BPG

TOG

ウォリアーズ

28.9

48.5

8.0

5.4

13.4

ロケッツ

20.6

43.8

8.4

6.7

9.7

 

AST…平均アシスト  RPG…平均リバウンド STG…平均スティール BPG…平均ブロック TOG…平均ターンオーバー

ウォリアーズのアシストの多さはさすが。ここではロケッツに大きな差がついています。

逆に、アシストがそれほど多くないのに、リーグ3位の平均得点を誇るロケッツもすごい。得点王ハーデンの1on1はウォリアーズにも通用するはずです。

ロケッツは、ターンオーバーの本数がリーグで唯一1ケタに収まっています。

ウォリアーズ史上最もスリリングな対戦

カンファレンスファイナルの第一戦は、ロケッツのホームで行われるんですよね。この時点で違和感。

このシリーズでホームコートアドバンテージを持つのはロケッツです。

ここからのウォリアーズは、もはやチャレンジャー。

「どっちにしろ最後はウォリアーズが勝つ」という概念はもう通用しなくなるのです。

できる限りリアルタイムで視聴して、これまでとは違う緊張感を味わいたいですね。

 

ウエスタンカンファレンスのティップオフは日本時間5月15日(火)の10時です。最高に楽しみだ。

 

両チームのレギュラーシーズン中の対戦は、こちらの記事にまとめています。

【頂上決戦】ウォリアーズとロケッツはどちらが上?今季の対戦成績は…