【苦節13年】クリス・ポールのカンファレンスファイナルが解禁

スポンサーリンク

アイキャッチ画像:Photo by Philadelphia 76ers

 

キャリア13年目にして、やっと呪縛が解けました。

 

選手としての総合力はともかく、ゲームメイクをしていく純粋なPGとしては、クリスポールはステフィン・カリーよりも優れた存在であるはずです。

しかし、カリーにとっては今回が4年連続4回目のカンファレンスファイナル進出になる一方で、クリスポールはこれが初めてのカンファレンスファイナルになります。

スポンサーリンク

 

セミファイナル止まりの13年間

プレーオフに縁がないわけではないんですよね。

13年間のうち、ポストシーズンを経験したのは10回です。比較的高頻度。

そして、プレーオフに入ると急にクリスポールが不調に陥るというわけでもないし。個人のパフォーマンスには問題が見当たりません。

過去10回のプレーオフでの個人スタッツと、チーム成績をまとめておきます。

 

 シーズン チーム スタッツ チーム成績 
 2007-08  NOH  24.1得点 4.9リバウンド 11.3アシスト 2.3スティール  準決勝敗退 
 2008-09  NOH  16.6得点 4.4リバウンド 10.4アシスト 1.6スティール  1回戦敗退
 2010-11  NOH  22.0得点 6.7リバウンド 11.5アシスト 1.8スティール  1回戦敗退
 2011-12  LAC  17.6得点 5.1リバウンド 7.9アシスト   2.7スティール  準決勝敗退
 2012-13  LAC  22.8得点 4.0リバウンド 6.3アシスト   1.8スティール  1回戦敗退
 2013-14  LAC  19.8得点 4.2リバウンド 10.3アシスト 2.8スティール  1回戦敗退
 2014-15  LAC  22.1得点 4.4リバウンド 8.8アシスト   1.8スティール  準決勝敗退
 2015-16  LAC  23.8得点 4.0リバウンド 7.3アシスト   2.3スティール   1回戦敗退
 2016-17  LAC  25.3得点 5.0リバウンド 9.9アシスト   1.7スティール  1回戦敗退
 2017-18  HOU  19.7得点 5.3リバウンド 6.0アシスト   2.2スティール       ???

黒字のスタッツはその年のプレーオフでのリーグ1位を表しています。

個人としては申し分のない活躍ができているのに、どうしてもカンファレンスファイナルまでは辿り着けなかったこれまでのクリスポールでした。

スポンサーリンク

 

初進出を手繰り寄せたセミファイナル第5戦

ロケッツの主役を1人だけ決めるのならハーデンになるでしょうが、カンファレンスファイナル進出を決定づけたのはクリスポールの活躍でした。

3勝1敗のリードで迎えたジャズとの第5戦。

クリスポールはプレーオフキャリア最高級の活躍を見せます。

 41得点(FG59.1%) 7リバウンド 10アシストというスタッツ。41得点はプレーオフキャリアハイの数字です。

10本中8本を沈めた3Pが強烈でしたね。

ゲームメイク能力とディフェンスを背負う形で狙うお得意のミドルショットに、このアウトサイドシュートが加わればもうお手上げです。

自身初のカンファレンスファイナルは自らの手でつかみ取りきました。

カリーとのPG頂上決戦

ハーデンvsデュラントの元チームメイト対決もアツいですが、一番楽しみなのはポールとカリーのポイントガード頂上決戦ですかね。

 

たった3つの有名なハイライトによって、ポールがカリーをニガテとしているイメージがついてしまっています。

 

 さて、今回の対決ではどうなるでしょうか。