【2017年PO】ウォリアーズとスパーズの対決は初戦第3Qで終わった

アイキャッチ画像:Photo by Philadelphia 76ers

 

トレンド無視のハイライトシリーズ、第2弾をお送りします。

第1弾⇒【カリー欠乏症に捧ぐ】ウォリアーズとスパーズの過去のシリーズ

 

再びウォリアーズとスパーズのシリーズを振り返りますが、今回はスパーズ寄りで回想してみます。

 

 

2017年カンファレンスファイナル

昨季、2017年のウエスタンカンファレンスでも両チームは激突しています。

レギュラーシーズン1位のウォリアーズと同2位のスパーズが決勝でぶつかるという、順当な対戦カードになりました。

 

この年、ウエスタンでのシリーズを全てスイープで勝ち進んだウォリアーズ。後から振り返ってみれば、「スパーズとのシリーズも楽勝だった」という見方をされてしまうのかもしれません。

ですが、このスパーズファンはこの見解に納得いかないはず。というか、ぼくがもしスパーズファンだったなら激昂しますね。

「第1戦の前半を見ろ!」

と。

全てが決まった第1戦

この年のプレーオフで、無敵のウォリアーズを一番苦しめたのは、ファイナルで対戦したキャバリアーズではなく、"フルメンバーの"スパーズだったと言えます。

しかし、スパーズがウォリアーズとの対戦をフルコンディションで臨めたのは、第1戦の中盤まで。

 

運命の第1戦、チームハイライトを観てみましょう。

 

 

第2Qには、一時25点もの差がついています。圧倒的スパーズ優位の状況。

しかし第3Qでスパーズを待ち構えているのが、レナードパチュリアの接触です。

 

このプレーでパチュリアが笛を吹かれたとき、試合は第3Q残り7分55秒。

この時点でも、スパーズは21点ものリードを保っていました。そしてここまでが、両チームのフルメンバーが揃った真の対決だったと言えます。

 

悪質なプレーであることは間違いなくとも、ザザがこれを故意でやったとは思いません。

しかし、スパーズファンは今でも怒り心頭だろうし、ザザのことを嫌っている人が多いでしょうね。それも仕方ない。

【故意?】選手からも批判の声!パチュリアがまたやらかした…

 

まさにこのレナード怪我離脱のタイミングからウォリアーズの逆襲が始まり、試合はひっくり返りました。

最終的には113‐111でウォリアーズが勝利。

ウォリアーズはその後も負けることなく、スイープでNBAファイナルへ進んでいくことになります。

 

しかし、この"第1戦第3Q残り7分55秒まで"の試合内容は、記憶しておくべきものです。

因縁の対決

今回のファーストラウンドでは、第3戦・第4戦がスパーズホームでの試合となります。

このときのスパーズファンは"Beat warriors"、そして"F〇ck zaza"を掲げて最高潮のボルテージで臨んでくることでしょう。

 

両チームの対決は、これからも特別なものになるのではないでしょうか。