[ウォリアーズ対キャブズ]頂上決戦!ようやくタレント集結

スポンサーリンク

 

クリスマスゲームに続き、今季2度目の対戦となりました!

前回はウォリアーズにカリーがいなかったし、キャブズはトーマスの復帰がまだだったし。

今回は、お互いちょこちょこと欠場者がいたものの、ほぼフルメンバーと言っていい。

頂上決戦と言うにしては、今季のキャブズのシーズン成績がパッとしなさすぎ(試合前の時点で26勝16敗でイースタン3位)な気もしますが、やっぱりこの対戦カードにはワクワクします。

スポンサーリンク

 

 パチュリアの出番ナシ

スタメンは以下の通り。

ウォリアーズ

PG:ステフィン・カリー

SG:クレイ・トンプソン

SF:ケビン・デュラント

PF:ドレイモンド・グリーン

C:ジョーダン・ベル

キャバリアーズ

PG:アイザイア・トーマス 

SG:JR・スミス

SF:レブロン・ジェームズ

PF:ジェー・クロウダー

C:ケビン・ラブ

 

 ウォリアーズは、パチュリアに代わってジョーダン・ベルをスタメンに。

調べた限りでは、特にパチュリアが怪我をしたという情報はないので、これはカーの率直な采配ということになりますね。

今日の試合、パチュリアの出番は1秒もありませんでした。やっぱりどこか身体が悪いのか?

それとも、実力的な問題?

これだけ豪華な4人を揃えたら、残りのセンターの枠は特にこだわらなくてもいいんじゃないかとも思っちゃいますけど、やっぱりこの1枠の采配も大事ですよね。

スポンサーリンク

 

待ってました好ゲーム

ではでは、試合ハイライトです。

 

 

見所十分な試合でした。

最後はワンサイド気味になりましたけど、途中までは見応えのあるシーソーゲーム。

途中には、カリーのダンクもありましたね。

本人もダンク成功がよほど嬉しかったのか、Twitterに動画をアップ。

 

自分のダンクにハシャぐ"2-Time MVP"。萌えるね。

復帰したてのトーマスとレブロンのコンビネーションも結構見れたし、ウェイドのスティールは”FLASH”だったし。

面白い試合になりました。

BOXスコアはこちら。

 今季の再戦は…

はー面白かった!で、次の2チームの対戦はいつ??

と調べてみたら、レギュラーシーズン中のリマッチはもうないんですね。

もしかしたら、今季のウォリアーズ対キャブズはこれで見納めかもしれない。

だってさ~、ウォリアーズはファイナルに間違いなく出るけどさ~、キャブズがそこまで勝ち進められるかは分からないよね~(煽り)

しかし、ファイナルで一番盛り上がるカードがGSW-CLEであることに異論はありませぬ。

最後の舞台での再戦を望みます。