レブロン・ジェームズのレイカーズ移籍でありがちなこと

話題になっては消え、話題になってはまた消えていくスター選手の「レイカーズ移籍話」。

レイカーズ移籍の噂が持ち上がる条件はたった二つ。

「スター選手であること」「間もなくFAとなること」

この条件さえ整えば、レイカーズファンは狂喜乱舞するのです。

「〇〇がウチに来るぞ!!」と。

これまで、何人ものスター選手がインターネット上でのみレイカーズのジャージを着せられてきました。

 

驚くべきはその実現率。近年は限りなく0%に近い状況です。実際に来たのは12-13シーズン前のナッシュとハワードくらいか?

 

 

レブロンはどうよ?

現在のレイカーズファンのターゲット筆頭はレブロン・ジェームズ。

LALフリークたちの妄想は止まらない。

「現役最強、いやもしかしたら史上最強の男がくれば、世界は変わる__(目をカッと見開きながら)」

 

twitterでレブロンがロサンゼルスのことを"Home"と形容したりするなど、レブロンがレイカーズに好意的とも思える発言があり、これらが信者たちの妄想に拍車をかけています。敏感になりすぎ。

 

そしてもしこれが現実になれば、NBA界全体にも大きな影響を与えるはず。それだけ、レブロンの影響力は絶大です。

実際に加入が実現した場合、どのようなことが起きるのか考えてみましょう。

 

 

現レイカーズロスターが一掃

レイカーズファンとして一番恐れるのがこれ。

本音を言っちゃうと僕はレブロンのレイカーズ加入は反対派なんですが、その理由がここにあります

今現在のレイカーたちがいなくなっちゃうのは嫌だ!特に生え抜き選手の移籍はホント勘弁。

レブロン加入ともなれば、その見返りの価値は計り知れないものにしなくてはいけないはず。

 

一例としては、最近のクリスポールのロケッツ加入時の交代要員が衝撃的でした。

ロケッツが得たのはポール一人だったのに対し、ロケッツがクリッパーズに献上したのがこちら。

パトリック・ビバリー

ルー・ウィリアムズ

ダレン・ヒリアード

サム・デッカー

ディアンドレ・リギンズ

カイル・ウィルジャー

モントレズ・ハレル

将来のドラフト1巡目指名権

金銭

 

 7選手+αという、数で言うならば不釣り合い極まりないトレードでした。しかし、クリスポールにはそれだけの価値があるというロケッツの判断。

これを考えると、レブロンの獲得には一体どれだけの生贄が必要になるのか…。

戦力アップにつながるとしても、生え抜き選手達を多数失ったレイカーズを、果たしてレイカーズと呼べるのかと思っちゃいますね。

楽しませてもらってはいるけど、やっぱりウォリアーズにはデュラントなしでキャブズにリベンジしてほしかった、とも思うし。

具体的に挙げるなら、レブロンとポジション的に被るブランドン・イングラムや、最近株価急上昇中のカイル・クズマなんかはトレード要員の有力候補になっちゃいますね…。

それは嫌だな。

 

リーグの勢力図が一変

レブロン一人の移籍は、リーグ全体の勢力図をも変え得ると思います。

ただでさえスター選手のウエスタン流出の傾向がある中で、レブロンまでもがイースタンを去ってしまうと、、

イースタンカンファレンスは「そして誰もいなくなった」という状況になるかも。笑

まあ、最近のNBAの状況を考えれば、レブロン以外にも色んなスター選手が移籍しそうな感じはあるんですけどね。

 

スカウトマン・レブロンGM発動

そこらへんのGM(チーム編成担当者)よりもよっぽど有能だと言われているレブロン。レイカーズ移籍後には他チームのいろんな選手に声をかけ、自分の王国を造り始めるはず。

レブロン以外のビッグネーム獲得もありえます。

これによってまた勢力図が大きく変わりそうです。

 

史上3人目の"3チームでの優勝"を達成

今のレイカーズはプレーオフ進出さえもハードルが高いようなチーム状況ですが、レブロン加入ともなれば確実に「優勝」という目標に向かうはず。

レブロンがレイカーズでも優勝を果たせば、ヒートとキャブズを含めた3チームでの優勝を果たすこととなり、これは史上3人目の快挙となります。

レブロンにとって、引退前最後の目標としては十分です。

 

まあ、来るかどうかはわからないけどね!

ここまで妄想を広げてはみましたが、レブロンが実際に加入するかどうかは本当にわからんです。レブロンがレイカーズに興味があるのかもわからない。

スター選手のレイカーズ移籍の噂がニュースになり、結局は実現しないというもはやネタとも言える一連のフォーマットが出来上がっている中では、「今回もどうせ…」と思ってしまいますが。

しかし実現すれば、NBAの歴史の中でも有数の出来事になるのは間違いないです。