【悲報】ニックヤング、怒られる

 

タブーを犯してしまったニック・ヤングが、レイカーズから説教をくらいました。

あ、また浮気をしたとかいうわけではありません。

2017年1月21日に行われたレイカーズ対ペイサーズ戦で、レイカーズは6試合ぶりの白星を記録。シーズン成績は未だにヒドいことになってるけど、今は触れないでおこう。

ヤングは3Pを5本沈めて15得点を記録する活躍を見せましたが、いかんせん、会場入りしたときの服装がよろしくなかった。

こちら、スポーツライター宮地陽子さんのツイッターより。

うん、さすがにこれは緑すぎ。セルティックス感にあふれすぎ。

両チームの古くからのライバル関係の中、こういう暗黙のルールみたいなのが生まれるのは面白いですよね。

例えばアイザイア・トーマスが黄色いジャケットで会場入りしたら、同じようにセルティックス関係者に注意されるのかな。

※2018年3月3日追記:まさかレイカーズに来るとはね…

 

 

レイカーズとセルティックス

まあ両チーム間のライバル関係なんて、今となれば前前前世ぐらいの記憶ですよ。

あれ?

レイカーズは今16勝32敗でウエスト最下位

あれれ?

セルティックスは26勝17敗でイースト3位

いつからこうなってしまったのか。

トーマスは平均29点を記録して得点ランキングでリーグ2位になっているし、セルツファンはさぞかし楽しいシーズンを送っているでしょうねえ。

え?トーマスがオールスターのスターターを逃して不満だって?

贅沢言うなっ!

こっちはリザーブメンバーにすら一人も選ばれないっつーの!選ばれる雰囲気もないっつーの!うちのディアンジェロ君がMIP候補に挙がっていたのなんて、遠い昔の話だぜ!!

感覚的には前前前世くらい昔の記憶であっても、レイカーズとセルティックスが最後にファイナルで対戦したのは、2010年のことなんですよね。もっともっと、はるか昔の思い出な感じがする。

 

 

懐かしいな~。よく覚えてるな~。

レイカーズの選手がシュートを決めるごとに、会場のボルテージが半端なかった。特に、この第7戦は。フィッシャーの1本目のスリーから、もう割れんばかりの歓声。

最後にコービーが指を突き上げてボールを追いかけていく姿には、こっちも観ていて笑顔になっちゃいましたよね。無邪気な子供みたいだった。

コービーは2008年のNBA FINALでセルティックスに敗れて以降、その悔しさを忘れないため、当時TDガーデン(セルティックスホーム)で流れていた曲を音楽プレイヤーに落として聴き続けていたそうです。

これくらいキャラの立った選手が、レイカーズからまた生まれることを切に願う。

あらら、結局はコービー話。