コービー・ブライアント主催「エアボールパーティー」

 

20年間のキャリアの中で、数々の名誉を手にしてきたコービーですが、なにも「成功」ばかりが偉業ではありません。

1試合81得点3Qで62得点引退試合での60得点など、コービーの偉大な記録をあげていけばキリがないですが、僕は「1試合で4本のエアーボール」も、大記録のうちの一つだと思っています。

これは、皮肉とかではなく。

 

 

"ヤングマンバ"の素晴らしき黒歴史

1997年の5月12日(現地時間)、ウエスタンのセミファイナルで、レイカーズはユタジャズと対戦していました。

1勝3敗で迎えた第5戦。レイカーズにとっては、負ければシーズン終了という大事なゲーム。

この当時18歳で、ルーキーイヤーだったコービーは、試合終盤の大事な時間帯にプレータイムを与えられていました。この年のプレーオフでのコービーの出場時間が14.8分だったことを考えると、ものすごい大抜擢です。

ロスターには、シャキール・オニール、エディ・ジョーンズ、ニック・バン・エクセルなど、豪華なメンバーがズラリ。

15-16シーズンまでレイカーズのHCを務めていたバイロン・スコットも、当時のレイカーズに在籍。このとき35歳。

この超重要な試合、しかもスター選手だらけの中で、若かりしコービーはどんなプレーを見せたのか。

試合終盤のコービーをフィーチャーした映像がこちらです。

 

 

4Q残り約10秒から、オーバータイム終了までに4本のエアーボール。およそ5分間のうちに、リングにかすりもしないシュートが4回です。

18歳の若造が、先輩にもパスをせずに。

これの何が凄いかって、コービーのメンタリティですよ。

・負ければシーズンエンドの試合

・チーム最年少

・さっぱりシュートが入らない

という3拍子の中で、どうしてシュートを打ち続けられるの?

おそらく、5分間で4本のエアーボールを記録したのは、NBAの歴史上コービーだけなんじゃないかと思いますが、それは、普通の人間は最初の1,2本がエアーボールだった時点でシュートを打つのをやめるからです。

「10本全て外しても構わないさ。11本目を打ち、それもだめなら12本目を打つ」

と、自身のシュート観について語るコービー。これが、マンバメンタリティ。 

シャキール・オニールは、ジャズ戦後のインタビューにて、

"He was the only one with enough guts to shoot the ball"

「シュートを打つ勇気を持っていたのはコービーだけだった。」

と語っています。

 

 

屈辱を糧にしたコービー

コービーがコービーであった理由は、このジャズ戦後の行動にあると思います。

エアボールパーティーの後、コービーは体育館に直行し、一日中シュート練習に没頭したそうです。コービーのシーズンは、まだ終わっていなかった。その後のオフシーズンでも、コービーは猛練習に励みました。

翌98-99シーズンでは開幕戦でジャズと対戦し、見事にリベンジを達成。

 

最後のダンクは特に有名なやつですね。

この当時のコービーを観ていて思うのは、周りの選手に比べて、とにかく"新しい"プレーをしているってことです。当時のNBA観戦者は、コービーの一つ一つのプレーに新鮮さを感じていたことでしょう。

1年目は7.9得点,1.9リバウンド,1.3アシストだったスタッツは、2年目には15.4得点,3.1リバウンド,2.5アシストにまで上昇。

レイカーズでは控え選手というポジションだったにもかかわらず、オールスターではファン投票により先発出場を果たしました。スター街道まっしぐらです。

 

こうして、"エアボールパーティ"での屈辱を糧に、コービーはスーパースターへの階段をかけ上がっていったのでした。