マイケル・ジョーダンが学生時代に無名だったってマジなの?

 

僕がバスケを始めたばかりのとき、ミニバスのコーチが

「バスケの神と呼ばれたマイケル・ジョーダンも、学生時代は無名の選手だったんだぞ~」

と言っていました。初心者向けのバスケ教本にも、同じようなことが書いてあるのを何度か見たことがあります。

「実はあのマイケル・ジョーダンも、大学生まではまったくの無名の選手だったんだ!」

「あのジョーダンも、学生時代は無名の選手だった。」

"だから、君たちもまだまだこれから上手くなれるよ!!" 

 

という一連のフォーマット。

 最初は、ふむふむそうなのか~と聞いていましたが、今ではホンマかいなと思うわけです。そんなわけないんじゃないか、と。 

この疑問を解消すべく、ジョーダンのNBA入り前までの経歴をまとめてみます。

 

 

高校時代に平均トリプルダブル

大学時代に無名の選手だったというのなら、きっと高校時代のジョーダンはさぞかし平凡な選手だったのでしょう。

ジョーダンはエムズリ―・ラニー高校に在学していました。

高校最終年でのスタッツは、29.2得点,11.6リバウンド,10.1アシストで、平均トリプルダブル。果たして、このレベルのスタッツを残した選手が低い知名度でいられるのか。

高校卒業前には、「マクドナルド・オールアメリカンチーム」にも選抜されています。NBAオールスターの、高校生対象バーションと言った感じのイベントですね。

なるほどー、

全米のえりすぐりの高校選手の中から選抜されるなんて、確かに無名の選手だわー。

進学した大学がバスケの超名門校

高校卒業前に、ジョーダンはたくさんの大学から推薦状を受け取りました。その中には、デューク大などのバスケの強豪校からのものもたくさん含まれていたとか。

なるほどー、

デューク大から推薦状がくるなんて、確かに(以下略)。

で、数々のリクルートの中から、ジョーダンはノースカロライナ大への進学を選択。

アメリカの大学バスケ事情にはまったく詳しくないですが、ノースカロライナ大の名前はよく聞きます。ヴィンス・カーターもこの大学の出身ですよね。

この大学の奨学金を手にしている時点で、既に並みの選手じゃあない。

 

1年目からスタメンとして活躍し、その年のNCAAトーナメントでは、パトリック・ユーイング率いるジョージタウン大相手に、歴史に残る決勝シュートを決めました。

 

 

あまりに有名すぎてもう見飽きちゃった映像だと思いますけど、一応貼っておきました。ジョーダンはこのシュートが自身のバスケ人生のターニングポイントになったと言っていますよね。

その後も順当に活躍していき、NCAAオールアメリカンファーストチームに選出されたり、カレッジプレイヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞したり。

「神」と呼ばれた男にしては…という意味なら納得

ここまで散々と皮肉じみたことを言ってきましたが、

まず、そもそもNBAというのは世界最高レベルの選手が集まる場所であり、

学生時代にそれなりの功績をあげているのは当然、という基本線は確かにあると思います。

NBAでイマイチぱっとしなかった選手も、学生時代には相当なスター選手だったという例はたくさんあるだろうし。

NBA界におけるジョーダンは、これ以上ないほどの極地にまで上り詰めたスーパースターなので、

学生時代のバスケキャリアがそれと等価だったのかと言われれば、確かにそうではないのかもしれない。

「選ばれし者」と言われて高卒で直接NBA入りしたレブロンと比べると、学生時代のジョーダンの注目度合は見劣りするし。

 

それでもそれでも、

「学生時代に無名だった」はやっぱり言いすぎ!!笑