【プレシーズン】ロケッツが中国チームに圧勝!髭がダブルダブル。

スポンサーリンク

 

プレシーズン2日目の本日10月3日、上海シャークスvsロケッツの試合が行われました。今日はこの1試合だけ。

スポンサーリンク

 

中国とNBA

チーム名の通り、上海シャークスは中国のチーム。CBAリーグに所属しています。

中国とNBAは結構結びつきが強くて、NBAのスター選手が、選手としての峠を終えてからCBAリーグに移籍するっていうのはよくあるパターンなんですよね。これまでも、トレイシー・マグレディーやステフォン・マーブリーなどがCBAでプレーしています。

特にマーブリーは中国での生活をいたく気に入り、最近では中国での永久居住権を取得したそうです。

 

今回のロケッツの対戦相手である上海シャークスには、ギルバード・アリーナスが在籍していたこともあります。"史上最高の2巡目指名選手"と名高い選手。

あとは、地元中国の大スターで、最近NBAでの殿堂入りを果たしたヤオ・ミンも、NBA入りの前まではこのシャークスでプレーしていました。現在は、社長兼オーナーとしてチーム保持者となっています。

ロケッツはかつてヤオ・ミンが所属していたチームということもあり、中国でも人気が高いらしい。以前ロケッツがロゴを中国語表記にしたユニフォームを着用していたのも、中国でのマーケットを意識したものだったとのこと。

なので、この「上海シャークスvsロケッツ」という対戦カードにはそれなりの意味があるんですね。

にしても、中国のこのバスケの盛んぶりはうらやましいですね~。

CBAリーグの試合は毎週全国放送しているらしいですよ。ポピュラー度で言えば、日本のバスケ界とは雲泥の差です。

頼むBリーグ、頑張ってくれ。

スポンサーリンク

 

ハーデンがダブルダブルの活躍

まあ、ロケッツが勝つことはわかってました。最終スコアは131-94で、37点差の圧勝です。

ジェームス・ハーデンが約28分間の出場で、16得点10アシストの大活躍。アシストでは、アリウープダンクをお膳立てする場面が目立ちました。

28分の出場っていうのはプレシーズンゲームにしては多めですね。昨日のウォリアーズvsラプターズ戦では、カリーの出場時間は約16分でした。

オフにドワイト・ハワードを放出したことで、来季からはどんなチームになるのかを知りたいところですが、今回は相手チームとの戦力差がありすぎて測れなかったです。

スタッツをざーっとみてみると、上海シャークスのジマ―・フラッデという選手の33得点が目立ちました。絶対元NBA選手だろ、と思ったらやっぱりそうで、かつてNBAでドラフト1巡目10位指名を受けている選手でした。

大学時代にはNCAAで得点王、昨季はDリーグのオール―スターMVPを獲得しているんですが、この夏にNBAチームと契約を結ぶことはできず、CBAでのプレーを決めたとのことです。

NBAって本当に厳しい世界なんですねえ…。そして、CBAのNBA選手収集力は改めてすげえ。

ロケッツは次のゲームでニューヨーク・ニックスと対戦します。

【2016-17シーズン】NBAプレシーズンの全日程・結果まとめ!!