【2016-2017シーズン】ウェイドと別れたヒートの来シーズン!

スポンサーリンク

 

まさかの、まさかの、まさかのウェイドの移籍。

今オフ、2003年からヒート一筋でプレーしてきたドウェイン・ウェイドがチームを去りました。個人的には、デュラントのウォリアーズ移籍よりも衝撃的なニュースでしたね。

僕はものすごくウェイドのファンというわけでも、特別マイアミヒート推しというわけでもないんですが、フランチャイズプレイヤーがチームを去るっていうのは結構ショッキングなものなんですね。ウェイドには、引退するまでマイアミでプレーしていて欲しかった。

昨季のヒートは、クリス・ボッシュがレギュラーシーズン中に血栓症により途中離脱し、苦しい状況を経験しましたが、ウェイドの活躍などもあり、イースタンカンファレンス3位でプレーオフに駒を進めました。

プレーオフでも健闘を見せましたが、セミファイナルでラプターズに敗れ、あと少しのところでカンファレンスファイナルへの進出を逃しました。もうちょっとで、プレーオフでの「ウェイドvsレブロン」が観れるところでした。残念。

しかし、ボッシュなしでここまで結果を残せたのというのは大健闘と言えると思います。プレーオフ中にはインサイドの要であるハッサン・ホワイトサイドも怪我で離脱してしまっていたことですし。

だからこそ、ウェイド・ボッシュ・ホワイトサイドの3人が健康体でそろった状態でのヒートを来季に観たかった…。まあ、今更何を言ってもですね。

スポンサーリンク

 

ボッシュ復活!

ウェイドを失ったのは大打撃ですが、クリス・ボッシュが来季からコートに戻れそうなことは朗報です。

欠場中は、相当な重病であるように言われていて、もうこのまま引退してしまうのではないか、とすら言われてましたからね。

ボッシュはツイッターにて、「俺はバスケットボールプレイヤーだ」とツイートし、ファンの不安を払拭してくれました。

"みんなが、俺がバスケをしているのかどうかを聞いてくる。ああ、バスケをしているさ。俺はバスケットボールプレイヤーだ"

チームを去ったウェイドとは、トレーニングで共に汗を流したそうです。

NBA選手としても同期である二人の友情は、これからも続いていくみたい。

昨季の離脱前までは平均19.1得点、7.4リバウンドというスタッツを記録していました。ボッシュがチームにいるかいないかでは、戦力は段違いだと思います。

現在32歳であることに加え、リハビリ明けでのプレーということを考えれば、来季は中々シビアなシーズンになりそうですが、どこまで活躍できるでしょうか。

来季からはホワイトサイドのチームに

ウェイドのいない来季のヒートがどんなチームになっていくのかは、かなり気になるところです。このオフの間には、ウェイド以外にも選手の移籍がけっこうありました。

ヒートのオフシーズンでの動きを整理しておきます。

スポンサーリンク

 

再契約選手

・ハッサン・ホワイトサイド

・ユドニス・ハズレム

・べノ・ウードリッヒ

新加入選手

・デリック・ウィリアムズ

・ウェイン・エリントン

・ロドニー・マグルーダー

・ジェームズ・ジョンソン

・ウィリー・リード

・ルーク・バビット

退団選手

・ドウェイン・ウェイド

・ジョー・ジョンソン

・ルオル・デン

・ジェラルド・グリーン

・アマレ・スタウダマイヤー

 

球団社長のパット・ライリーは、オフでの最優先事項はホワイトサイドとの再契約であるとコメントしていました。

ホワイトサイドには他の複数の球団からも接触がありましたが、無事ヒートと再契約。4年間で総額9800万ドルという巨額の契約内容です。ヒートは、ウェイドとの再契約よりも明らかにこっちを優先していました。

昨季のホワイトサイドのスタッツは14.2得点、11.8リバウンド、FG61%、3.7ブロック

このスタッツを観れば、この契約内容にも大納得。特に3.7ブロックってのは思わず二度見してしまうほどのぶっ飛んだ数字です。もちろん、ブロックランキングで1位になっています。

昨季は「得点」「リバウンド」そして「ブロック」の3項目でトリプルダブルを3度記録。ここまでブロックショットが目立つと、一人だけ違うスポーツをしているように見えてきます。

2014-15シーズンに突然注目され始めた選手でしたが、昨シーズンの活躍により、実力が本物であることが証明できました。まだ27歳で、今後さらなるレベルアップも期待できます。ウェイドに代わり、新しいチームの顔になれるのかも注目したいところです。

他にもドラギッチや、期待の新人ジャスティス・ウィンスローがいたりして、ヒートは結構いいチームになっているように思えるんですが、、

スポーツ放送局CBSSからの評価はイマイチで、ヒートのスタメンはリーグ21位の戦力と判断されています。

来期の最強チームはどこだ!CBSSが最新スターターランキングを発表! 

意外に低い。かなり低い。

各選手がしっかり機能すれば、プレーオフ進出くらいは固いと思うんですが、どうでしょうか。プレーオフで、ウェイドが移籍したブルズと対戦したりしたら面白いですよね。きっとアツい戦いになる。主要メンバーがシーズンを通して健康状態を維持できれば、きっといい結果を出せると思います。

2003-2004シーズン以降初めてウェイドなしで迎える、"新生"マイアミ・ヒートに期待です。