カリーとウォリアーズに影響を与えた、スティーブ・ナッシュとサンズ

 

2015年にNBAを引退したスティーブ・ナッシュ。2年連続でMVPを受賞した彼のプレースタイルは後世のいろんなプレイヤーに影響を与えました。

同じく2年連続でMVPを受賞しているウォリアーズのステファン・カリーもその一人。

カリーはインタビューでの「好きなプレイヤーは?」「尊敬するプレイヤーは?」という質問に必ずと言っていいほどナッシュの名前を挙げています。

ナッシュの引退時にも以下のツイートをしていました。

 

"お疲れ様でした!あなたは僕をインスパイアし、道を切り開いてくれた。あなたのすべての成功を祝福します!これからの人生を楽しんでください!"

リスペクトの込められた文章です。

ナッシュがサンズに在籍していて、現役バリバリだったころからカリーもNBAでプレーしていましたが、まさかここまでの選手になるとは。

 

 

 ステフィン・カリーとスティーブ・ナッシュ

今はもう放送終了になってしまったんですけど、昔BS-TBSで「REAL NBA」という番組がやっていました。

この番組はアメリカで放送されているNBAチームの舞台裏に迫ったドキュメンタリー番組に日本語訳をつけたものなのですが、当時の新人選手が集まってNBAのあれこれについて語りあうコーナーがありました。

そのとき、目のクリクリした少年が、「スティーブ・ナッシュのあの緩急のある動きは凄い」と言っていたのを覚えています。

今思えばそれがステファン・カリーでした。 

あの少年が今やリーグのNo.1選手とまで言われるようになったのは実に感慨深いです。

ナッシュとカリーのキャリア全体の流れには少し共通点があるように思えて、それはキャリア初期にそれほど注目されていなかったというところです。

例えばレブロンはデビュー前から神童と呼ばれ、コービーも1年目こそはベンチプレイヤーでそれほど目立たなかったものの、2年目には当時の最年少でオールスターのスターターに選出されています。

もちろん、レブロンとコービーも想像を絶するような努力をしてきたでしょうが、注目される時期は早かったです。

そんな中でナッシュとカリーは、スタートこそ遅れてはいたけど、着実に成長を重ねて今の地位まで上り詰めました。

PGとしての2年連続のMVP受賞に加え、共に50‐40‐90クラブのメンバーであることも共通点の一つ。

50‐40‐90クラブとは、FG50%以上、3P40%以上、FT90%以上の確率を同時に満たすことで、これが特別優れたシューターであることの証になっています。

NBAの歴史上、50‐40‐90を成し遂げたのは7人しかいません。

その中で、ナッシュは歴代最多の4度、カリーは2015-16シーズンに初めて仲間入りをしました。

 リーグに革命を起こしたナッシュ率いるサンズ

2004-05シーズン前にナッシュはマーベリックスからサンズに移籍。

ナッシュ一人の加入によって、昨シーズンリーグ最下位だったサンズが、なんと一気にリーグ1位に躍り出ます。

このときのサンズは、ナッシュを中心に超がつくほどの攻撃的なオフェンススタイルを駆使していました。

「3秒オフェンス」と呼ばれたラン&ガン主体のオフェンスは、観ていて本当に面白いものでした。

 

ちなみに、日本人初のNBAプレイヤーとなった田臥勇太選手が開幕当時在籍していたのがこのサンズです。アップテンポなオフェンスを展開するためのPGとして、田臥選手のスピードが買われていました。

 

当時のサンズのオフェンスシーンのハイライトです。

 

 

これほどオフェンス重視のスタイルであったチームはかつて存在せず、さらにこのスタイルでレギュラーシーズンでリーグ首位にもなったものだから、まさに革命を起こしたというような感じでした。

ハーフコートオフェンス時には、ナッシュとセンター陣によるピック&ロールが典型的な作戦でした。ナッシュは歴代屈指のピック&ロールの使い手でもあります。

このピック&ロールにより、コートに上手くスペースが生まれ、スムーズなオフェンスを展開していました。

この戦術によりどれだけの得点が量産されてきたかわかりません。

 

 

僕自身も学生時代はナッシュのピック&ロールを参考にして、センターと合わせのプレーを練習していました。

身体能力を生かしたプレーが目立つNBAの中で、主に技術力を生かしたナッシュのプレーには参考になるものが多かったです。

オフェンス重視のチームはプレーオフで勝ちきれない

レギュラーシーズンでは安定していい結果を残すも、サンズは優勝という結果を残せません。

特に、ナッシュ&サンズの前には、ティム・ダンカン率いるスパーズが度々立ちはだかりました。

 

 当時からスパーズは鉄壁のディフェンスを誇るチーム。

オフェンスを強みとするサンズがディフェンスを強みとするスパーズにことごとく敗れていく様は、

NBAで長らく定着している「オフェンスのチームはディフェンスのチームに勝てない」という定説を、

サンズが自らの敗北をもって証明することとなってしまっていました。

ナッシュ個人のディフェンス力のなさを指摘する声も多かったです。

それでも、ナッシュがサンズに移籍してから6年目となる2009‐10シーズン、とうとうプレーオフでスパーズを破るときがやってきます。

 

 

 

脅威の36歳

 

 

上の動画は2010年でのカンファレンスセミファイナル第一戦でのナッシュのハイライト。

ナッシュはこのときすでに36歳ですが、凄まじい活躍です。

サンズはこのシリーズを4勝0敗のスイープで下し、カンファレンスファイナルに駒を進めます。ナッシュファンとして、このときは本当に興奮しました。やっと天敵を倒せた…!という思いでした。

しかし、カンファレンスファイナルでは、この年に連覇を果たすレイカーズに屈します。サンズのディフェンス力不足を上手く突かれ、コービーに無双されてしまいました。

コービーはこのシリーズで33.7得点、8.3アシスト、7.2リバウンド、FG52%、3P43%。完全にやりたい放題。

シリーズ中の両チームの平均得点は、レイカーズが113.5点、サンズが109.3点。サンズも十分点は取れていますが、いくら何でも失点が多すぎ。やはり、ディフェンスができないと脆いです。

当時のサンズのオフェンスシステムを上手く取り入れた現在のGSW

今のウォリアーズは、かつてのサンズのオフェンスを参考にし、さらにそれを進化させています。

なんといっても最大の武器は3P。

速攻のリバウンド要因がいない場面でも、なりふり構わず打っていきます。

 

そして、各選手のオフボール時のスクリーンプレーも巧みです。スペーシングを作るために、オフェンス時にウォリアーズの選手が足を休めることはほとんどありません。

下の動画はウォリアーズのスクリーンプレーにフィーチャした動画です。

 

 

バスケを観戦するときは、ボールマンだけに注目してしまいがちだと思いますが、ウォリアーズの場合はオフボール時の選手たちの動きを観ていても十分楽しめます。

ちょっとやそっとの練習ではここまで組織的な動きはできないはずです。

ここらへんの細かい動きの出来次第でチーム力が大きく左右されるんだと思います。

 

そして、ウォリアーズはディフェンスにも強みをもつチームです。ここが当時のサンズとの大きな違い。

特に、スイッチディフェンスの連携技がすごい。簡単には相手オフェンスのアウトナンバーをつくりません。

ディフェンス時にもオフェンス時と同じく圧倒的なチームワークを見せつけています。

 

ちなみに、現在ウォリアーズでHCを務めているスティーブ・カーは2007年から2010年までサンズのGMを務めていました。

当時のサンズのオフェンスを間近で目にしてきたからこそ、生かせる経験があるのだと思います。

なにより、ナッシュ&サンズでは成し遂げられなかった、オフェンスシブなスタイルで優勝を果たしていることにグッときます。

あの当時のナッシュとサンズが今のウォリアーズにつながっていると思うと、なんかうれしい。

 

ナッシュはウォリアーズの選手育成コンサルタントに就任

現在、ナッシュはウォリアーズの選手育成コンサルタントコーチとして活動しています。コーチとしての就任が決まったときのカリーのリアクション。

 

f:id:popcornroom:20160714200628j:plain

 

 "やっとまともなコーチが来てくれたよ"

軽快なジョークでお出迎え。

 

実際にカリーと練習している姿も見ることができます。

これは、ピック&ロールの練習をしている様子。

 

 

こちらはトンプソンとの練習風景。

 

 

ナッシュはトンプソンに「プレー中の重心をもっと下に置くように」とアドバイスしたそうです。

 

また、最近ではケビンデュラントの獲得にナッシュもウォリアーズのコーチとして一役買った、とのニュースもありました。

どんな形であれ、ナッシュが今のウォリアーズと関わってくれているのはうれしいな。

 

ウォリアーズのさらなる飛躍に期待するとともに、ウォリアーズでのナッシュ情報にも注目です。